特定保健用食品 「ガセリ菌SP株」「ビフィズス菌SP株」

現代日本人のおなかに〜雪印メグミルクだけの、プロバイオティクス乳酸菌の未来形〜

ヒトのおなかと相性のよい、
日本人由来の乳酸菌を選びました

プロバイオティクスには、動物由来、植物由来、ヒト由来などいくつかの種類があります。雪印メグミルクの乳酸菌は、もともと日本人のおなかに住んでいるヒト由来の乳酸菌から選んだ菌株なので、生きて腸まで届き、とどまってくれるのです。

小腸と大腸の役割を考えた2つの乳酸菌設計

小腸は、食物を消化し必要な栄養を吸収する働きを担います。気になる脂肪の吸収にも関わり、さらに近年では免疫・代謝などにも重要な役割を果たしていることが次々と解明されてきました。この小腸に主に存在するのがガセリ菌。一方、大腸の働きは、小腸で吸収できなかった水分やミネラルを吸収して、便を作り出すこと。ビフィズス菌は主にこの大腸に住む乳酸菌です。ふたつの腸の役割を見つめ、ふたつの乳酸菌を、それぞれの特徴を生かして使い分ける。それが、現代日本人のための新しいヨーグルトです。

日本人に合う乳酸菌「ガセリ菌SP株」を選びました

もともと人間の腸内に存在する「ヒト由来の乳酸菌」は人間との相性がよく、中でもガセリ菌は日本人の腸内から多くみつかっています。こうしたことから、「ガセリ菌SP株」は日本人に相性のいい乳酸菌といえます。

「ガセリ菌SP株」は生きたまま腸まで届く

「ガセリ菌SP株」は胃酸など消化液の影響を受けにくく、生きたまま腸まで届く乳酸菌です。さらに「ガセリ菌SP株」は腸内に長く留まる特徴が確認されています。
※雪印メグミルクの社員8人が1000億個の「ガセリ菌SP株」を1日1回7日間摂取し、定期的に便を検査。乳酸菌の寿命は通常3~7日間といわれていますが、「ガセリ菌SP株」は摂取後90日経過しても、4名の便から「ガセリ菌SP株」が検出されました。